昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

走塁妨害とは a項とb項って何?

投稿日:

走塁妨害とは、守備側の野手が攻撃側のランナーの走塁を妨害したときに宣言されるルールのことです。

走塁妨害を英語でオブストラクション(Obstruction)といいます。

日本プロ野球でも、審判が「オブストラクション」と宣言することがありますが、それは走塁妨害が適用されたときです。

基本的なルールとして、守備側の野手が打球の処理を行っているケース、あるいは送球しているケース以外は、攻撃側のランナーの走路が優先されます。

よって、守備側の野手は、守備を行っていない場合において、ランナーの走路を塞いではいけません。

例外として、野手が送球したボールがランナーに当たってしまった場合は、インプレイが継続することになり走塁妨害にはなりません。

また、走塁妨害は野手とランナーの接触以外にも、審判が走塁妨害と判断した場合は適用されます。

走塁妨害 a項

走塁妨害のa項とは、走塁妨害されたランナーに対してプレイが行われて「いた」場合に適用されます。

a項の場合はボールデッドとして、審判員の判断の元に、走塁妨害がなければ達していたと予想される塁まで進むことが許されます。

走塁妨害 b項

走塁妨害のb項とは、走塁妨害されたランナーに対してプレイが行われて「いない」場合に適用されます。

b項の場合は、プレイのすべてが終了するまで続行されます。

審判は、インプレイが終了したことを見計らってタイムを宣言し、ランナーの不利益にならないような処置を取ります。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.