昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のインサイドワークとは

更新日:

スポーツのインサイドワークとは、頭脳プレーのことをいいます。

インサイドワーク(InsideWork)は和製英語です。英語ではクレバープレイ(CleverPlay)といいます。

野球では、主にキャッチャーのリードや配球のことをインサイドワークと呼びます。

相手バッターのその日の調子や過去のデータ、ピッチャーの得意な球種など、総合的に配球を考え、ピッチャーにサインを送ります。

限られた時間の中でサインを出さないといけないので、キャッチャーは頭が良くなくては勤まりません。

野村勝也さんや田淵幸一さん、古田敦也さんや城島健司など、以前は強打のキャッチャーが多くいましたが、最近では強打のキャッチャーはあまり見られなくなりました。

昔に比べると情報量が膨大に増え、さらにピッチャーの変化球が増えたことで投球術が大きく変わったことにより、キャッチャーへの負担が重くなったことがその理由です。

「ピッチャーの失点はキャッチャーのインサイドワークのせい」と言われるぐらい日本の野球では注目されていますが、メジャーリーグではあまり重要視されていないのが現状です。

メジャーリーグ中継を見ていると、キャッチャーからではなくベンチからサインを出しているケースをたまに見かけます。

同じスポーツなのに、国が違うとこんなに違うんですね。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.