昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のウェーバーとは

更新日:

野球のウェーバーには「ウェーバー方式」と「ウェーバー公示」の2種類の言い方があります。

ウェーバー方式とは

ウェーバー方式とは、ドラフト会議や自由契約のときに用いられる、選手指名の順番のことをいいます。

日本のプロ野球のドラフト会議では、1巡目は入札方式で行い、指名が重複した場合はクジ引きで決めます。

2巡目は球団順位の逆順でウェーバー方式により選択され、3順目は2順目の逆順(逆ウェーバー方式)で決めます。

4巡目以降は、ウェーバー方式と逆ウェーバー方式を交互に行っていきます。

ちなみに、球団順位とはドラフト会議の1週間前の時点で、最下位の球団が1番目になる順位のことをいいます。

メジャーリーグでは、完全ウェーバー方式を採用しているので、クジ引きといったの入札方式は採用していません。

ウェーバー公示とは

ウェーバー公示とは、契約拘束期間中である2月1日から11月30日の間で支配化選手を自由契約するときに行うもので、支配下選手との契約放棄を公に発表することを意味します。

契約放棄と同時に契約を譲渡する球団を募集しますが、その際にウェーバー方式と同じで下位球団から順番に獲得を希望できるということになります。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.