昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のウォーニングゾーンとは

更新日:

野球のウォーニングゾーンとは、野球場の外野に引かれた線から外野フェンスにかけての領域のことを指します。

ウォーニングゾーン(WarningZone)は和製英語で、英語ではウォーニングトラック(WarningTrack)と呼ばれています。

「ウォーニング」というとピンときませんが、日本語読みで「ワーニング」というとピンと来るのではないでしょうか。「危険」という意味です。

外野への大飛球で外野手は全速力で打球を追いますが、その勢いで誤ってフェンスに激突すると大怪我に繋がってしまいます。

ウォーニングゾーンがあれば、背走して打球を追っていてもフェンスが近いことを知ることができるので、危険を軽減することができます。

ウォーニングゾーンの種類としては、東京ドームのようにウォーニングゾーンが土になっている球場や、阪神甲子園球場のように芝の上に白線を引いている球場などさまざまです。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.