昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のオーバーランとは

更新日:

野球のオーバーラン(OverRun)とは、ファーストベース(1塁)を駆け抜けることをいいます。

セカンドベース(2塁)とサードベース(3塁)でオーバーランした場合、ボールを持った野手にタッチされた時点でアウトになるので、ファーストベースのオーバーランは特別なものになります。

打者ランナーは、ファーストベースを駆け抜ける条件として、ただちにファーストベースへ帰塁することが義務付けられていますが、ファーストベースのオーバーランに関しては、誤った認識を持った方が多いのが現状です。

例えば、内野安打でファーストベースを駆け抜けた打者ランナーは、ファールゾーンへ駆け抜けることが常識のように思われています。

しかし、野球規則では、ファールゾーンへ駆け抜けることは明記されていません。

よって、ルール上は、どこにでも駆け抜けて大丈夫ということになります。

ファールゾーンだけではなく、フェアゾーンにも駆け抜けが認められているという正しい認識があれば、一塁手との激突を回避できる可能性があるんです。 怪我をしなくて済むケースは少なくありません。

また、打者ランナーがファーストを駆け抜けたあと、ファウルゾーンにいれば、ボールを持った野手にタッチされてもアウトにならないと思っている方も多いはずです。

しかし、それは誤解です。

打者ランナーがファーストベースをオーバーランした場合、フェアゾーンにいようと、ファールゾーンにいようと、セカンドベースへ進もうとする行為を示せば、タッチプレーでアウトになります。

要するに、審判員によって、打者ランナーがセカンドベースへ進もうとしたと判断した場合は、ファールゾーンにいても、タッチプレーでアウトになってしまうんです。

打者ランナーのいる場所が重要ではありません。打者ランナーの「セカンドへ行こうとする行為」が最大のポイントになります。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.