昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のオープン戦とは

更新日:

野球のオープン戦とは、レギュラーシーズンが始まる前に行う、調整のための非公式試合のことをいいます。

オープン戦は和製英語です。英語ではエキシビジョンゲーム(ExhibitionGame)と呼ばれています。

オープン戦は、レギュラーシーズン中にあまり開催されない地方球場で行われることが多いので、毎年楽しみにしている地方の野球ファンは多いと思います。

オープン戦のジンクス

オープン戦には毎年のようにジンクスが存在します。

オープン戦で活躍した外国人助っ人選手は、レギュラーシーズンに入ったら活躍しない、というジンクスが有名です。

例えば、2018年のウィリンロサリオ選手(阪神タイガース)は、春季キャンプや練習試合、オープン戦で大活躍しました。野球評論家からは大絶賛され、中には三冠王になるのではと予想した人もいたぐらいです。

しかし、肝心のレギュラーシーズンでは結果を出せず、シーズン終了後にウェーバー公示されました。獲得する球団がなかったため、10月31日に自由契約公示されました。

他にも、オープン戦で良い成績を残したチームはレギュラーシーズンで成績を残せない、というジンクスも存在します。

オープン戦と練習試合の違い

オープン戦は公式戦とほぼ同じルールで行われます。よって、公式の記録員が記録をつけています。

一方、練習試合はNPBの管轄ではないため非公式となり、記録は残りません。対戦相手同士でルールを決めることが可能であるため、一度ベンチに下がった選手が再び試合に出ることも可能です。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.