昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のタッチアップとは

投稿日:

野球のタッチアップとは、フライアウトのときにランナーがリタッチ(離れた塁に戻る)して次の塁へ進むことをいいます。

メジャーリーグでは、タッチアップのことをタッグアップ(TagUp)といいます。

ランナーがタッチアップするときは、必ず野手が打球を取った後に塁を離れなければなりません。

野手が打球を取る直前にランナーがタッチアップしてしまうと、タッチアップは成立しません。

その時は、ランナーがいた塁にボールを送球して、野手がベースを踏むことでアウトになります。この行為をアピールプレイといいます。

この時に注意しないといけないのは、アピールプレイをしないと、たとえランナーのスタートが早くてタッチアップが成立していない場合でも、タッチアップが成功と見なされて試合が進んでしまうことです。

よって、守備側のチームからすれば、タッチアップが成功していると思っても、念のためにアピールプレーはやっておいた方が良いです。

審判によってタッチプレーが成立していないと判断していれば、アウトになる可能性が少なからずあるからです。

プロ野球を見ていると、明らかにタッチアップが成功していてもアピールプレーをすることがありますが、それは念のための確認を行っているためです。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.