昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球のハーフスイングとは

投稿日:

野球のハーフスイングとは、完全にスイングすることなく、途中でスイングすることを中断する動作のことをいいます。

審判によってハーフスイングだと判断された場合は、ストライクのカウントが増えます。

公認野球規則では、ハーフスイングに関して明確な定義がなされていません。

よって、バットをどこまで振ればハーフスイングを取られるかは、審判員の判断次第ということになります。

キャッチャーがピッチャーの投球を捕球した直後に、塁審に向かって指をさすことがありますが、これはハーフスイングかノースイングかどうかを確認するためです。

このことから、ハーフスイングの最終決定者は、主審ではなく塁審ということになります。

ちなみに、現時点(2019年)では、チャレンジ制度によるビデオでのハーフスイングの判定は行われていません。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.