昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球の完投とは

更新日:

野球の完投とは、先発ピッチャーが試合が終わる最後までひとりで投げきることをいいます。

完投に勝敗は関係ありません。

よって、試合に負けたとしても、最後までひとりで投げきった場合は完投ということになります。

また、完投にはイニング数も関係ありません。

延長戦になっても、ひとりで投げきった場合は完投扱いになります。

また、5回コールドゲームになった場合、試合は成立しているので、この場合もひとりで投げきっている場合は完投扱いになります。

近代野球では、投手分業制が当たり前の時代になったので、先発完投型のピッチャーは極端に少なくなりました。

日本の先発ピッチャーは、中6日の6人制ローテーションが主流になっています。

100球をめどに投球を行うので、6回から7回までを投げるのが先発ピッチャーの役目だと言えます。

このことから、完投や年間200イニングスを投げるピッチャーは、貴重な存在になっています。

日本プロ野球の完投記録は、金田正一さんの365回です。この記録は今後破られることはなさそうですね。

ちなみに、メジャーリーグの完投記録は、サイヤングさんの749回です。

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.