昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

豆知識 野球

野球の牽制球(けん制球)とは

投稿日:

野球の牽制球とは、ピッチャーがランナーの盗塁を防ぐため、または大きなリードを取っているランナーをアウトにするために、ランナーのいる塁にボールを投げることをいいます。

新聞や雑誌などでは「牽」をひらがな表記することが多くなっています(常用漢字ではないため)。

ピッチャーが牽制する場合、軸足がピッチャープレートから離れている場合はボークになることはほとんどありませんが、軸足がピッチャープレートに触れている場合はボークの制約を受けることになります。

牽制時に暴投してしまい、牽制球がベンチなどに入ってしまってプレーが続行できなくなった場合は、ランナーに安全進塁権が与えられます。

その際、ピッチャープレートを外して牽制暴投した場合は2個の進塁が許されます(送球と同等の扱い)。ピッチャープレートを外さないで牽制暴投した場合は1個の進塁が許されます(投球と同等の扱い)。

牽制を繰り返し続けてしまうと遅延行為とみなされ、プロ野球ではブーイングが起こることがあります。

西勇輝投手の華麗な牽制

野球用語一覧へ戻る

-豆知識, 野球

Copyright© ホワイトナッツ , 2019 All Rights Reserved.