昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション ファミコン

高橋名人の冒険島 高橋名人でさえ2回しかクリアしたことのない激ムズアクションゲーム

更新日:

高橋名人の冒険島

アーケード版「ワンダーボーイ」のファミコン移植作品が「高橋名人の冒険島」なんです。

高橋名人の冒険島をパクったのがワンダーボーイと言われますが、それは事実と異なります。でも、知名度からすると、そう思われてもしょうがないのかもしれませんね。

高橋名人の冒険島は105万本も売れたミリオンセラーなんですから。

高橋名人の冒険島は1時間でクリアするのは絶対不可能。恐るべき難易度!

高橋名人の名言で「ゲームは1日1時間」という言葉がありますが、冒険島は1時間でクリアできるほど甘いゲームではありません。

ゲームセンターCXでも有野課長が冒険島にチャレンジしていましたが、あえなく失敗していましたね。

それもそのはずで、ADがロケハンを失敗したほどの高難易度を誇るからです。ロケハンを失敗したゲームを有野課長にプレイさせるのもどうかと思いますが・・・(汗)。

私は子供の頃に5-1まで進みましたが断念しました。親から長時間ゲームをするのを止めろと言われたからです。

親が留守の時にやっていれば、もっと記録は伸ばせたと思うのですが、それでもクリアは無理ですね。

全32ステージをクリアするのは並大抵の精神力では不可能です。

高橋名人は2回しかクリアしたことがないと言っていますが、2回でも十分過ぎると思います。

高橋名人の冒険島 動画紹介

ここでは高橋名人の冒険島関連の動画をご紹介します。

ファミコン版 高橋名人の冒険島


当時は高橋名人が大ブレークしていたので、ゲームの内容を確認しないまま、高橋名人という名前だけで購入した人も少なくないと思います。

その結果が、この激ムズアクションですからね。心が折れた人が大多数だったと思います。クリアした人は何人いるんでしょうか?

もう少しステージ数を減らして、難易度を下げていれば名作になったと思います。

MSX版 高橋名人の冒険島

MSX版があるとは知りませんでした。MSXなのにスムーズにスクロールしているのが印象深いですね。やっぱりハドソンの技術はすごいです。

セガマーク3版 ワンダーボーイ

私はセガマーク3版ワンダーボーイを先にプレイしていたので、高橋名人の冒険島がオリジナルではないということは知っていました。

でも、友人に話しても、誰も信じてくれなかったんですよね(涙)。知名度の違いって恐ろしいものです。

ファミコン版 高橋名人の冒険島4

ファミコン最後のソフトが「高橋名人の冒険島4」です。1994年6月24日に発売されました。この5ヵ月後にセガサターンが発売されるとあって、世間は次世代機の話題で盛り上がっていた時期です。

私はサターンのことに夢中で、高橋名人の冒険島4の存在を全く知りませんでした(汗)。

-アクション, ファミコン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.