昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

名古屋 生活

2017年のプロ野球はどうなる?今年も選手名鑑を購入しました。

更新日:

2017年プロ野球選手名鑑

今年も3月になりオープン戦がはじまりました。本格的な野球シーズンまであと少しですね。

私は毎年野球名鑑を購入しています。廣済堂出版の「12球団全選手カラー百科名鑑」がお気に入りなんです。

他の野球名鑑に比べて見やすいので、10年以上購入し続けています。

ただ、いろいろある野球名鑑の中で一番発売が遅いので、毎年待たされることになるんですよね。それが一番の難点です。

過去に購入した野球名鑑は大切に保存していましたが、引越しの時にすべて処分してしまいました。

1グラムでも軽くするのが命題だったので、仕方なく処分することになったんですが、未だに後悔しています(汗)。

選手名鑑を購入すると、休日に1日かけて読み込みます。その後はトイレに設置して毎日パラパラ見るのが日課になっています。

私は阪神ファンなのですが、阪神の選手に関しては全てのデータが頭の中に入っています。昨年の成績や年俸、選手の年齢や出身高校など、そらで言えます。

野球を楽しむのには、選手名鑑は必需品だと思っていますが、今年の12球団全選手カラー百科名鑑に関しては例年以上にパワーアップしています。

特に良いと思う点は、野手の成績に安打数が表示されていることです。

昨年までは安打数が表示されていなかったので、安打数が知りたいときは打撃30傑のページをいちいち見なければならなかったんです。

規定打席に達していない選手の安打数が知りたくても、選手名鑑では調べることができないので不便でした。

2017年の選手名鑑からは、ページ数が増えたことで、全ての選手の安打数を知ることができるようになったんですよね。これは嬉しいです。購入して良かった!

2017年の阪神タイガースはどうなる?

2016年の阪神は首位から24.5ゲーム離されて4位でした。Aクラスに入ることすらできず悔しい思いをしましたね。

その代わり、若い生え抜きの選手が活躍してくれました。特に髙山俊選手と原口文仁選手の活躍は見ていて気持ち良かったですね。

金本監督の若手起用は素晴らしいものがあると思います。2017年も引き続き若手を我慢強く使い続けて欲しいですね。

若手を使い続けながら結果を出すのは正直難しいと思います。なんとかAクラスである3位には食い込んで欲しいですね。

WBC日本代表と阪神の練習試合で、阪神は快勝しました。もしかしたら、今年の阪神は一味違うかもしれませんよ。

2017年の中日ドラゴンズはどうなる?

私は中日ファンではありませんが、名古屋に10年以上住んでいるので、やっぱり気になるところです。

2016年の中日は首位から30.5ゲーム離されて最下位でした。中日が最下位なんて、正直信じられませんでしたね。

落合政権の時は本当に強くて、阪神はナゴヤドームでほとんど勝つことができませんでしたから。

その時のイメージがあるので、中日の最下位はショッキングな出来事だったんです。

2017年の中日は、最下位はないと思っています。大島選手と平田選手の残留がその理由です。

もし、この2人がFAで中日を去っていたら間違いなく最下位だと思いますが、引き止めに成功したのは大きいですね。

ただ、WBCの試合を見ていたときに、平田選手の髪の毛の色がすごく気になりました。かなりチャラい感じに髪を染めていたんですよね。勘違いしていなければ良いのですが・・・。

色気付いた選手って成績を落とすケースがよくありますからね。平田選手には活躍して欲しいので、余計に気になってしまいました。

中日も若手選手が次々に登場しています。若手の活躍がAクラス入りのカギになると思います。

熊本出身の荒木選手の2000本安打が達成まじかなので、個人的には応援しています。

阪神と中日に共通していることとは?

阪神と中日い共通して言えるのは、若手への世代交代に失敗していることです。

阪神は2003年以降、優勝から遠ざかっています。当時はベテランの金本選手や下柳選手、矢野選手がチームの中心でした。

ベテラン選手が引退した後、特に野手陣のレベルが大きく下がってしまいました。ホームランや打点を稼げる選手がいなくなってしまいましたからね。鳥谷選手の劣化も辛いところです。

中日は2011年以来、優勝から遠ざかっています。当時の主力選手の年齢的な衰えや怪我や移籍などで、チーム力は大きく下がってしまいました。

首脳陣と選手のトラブルも多く、試合中に監督と選手がケンカをしていたところを中継中のテレビカメラに撮られたこともありましたね。

優勝した後の若手への切り替えがうまくいっていないのが阪神と中日の共通点だと思うのですが、昨年の若手の積極的な起用も共通点だと思います。

2017年の阪神と中日の見どころは、若手選手の活躍ですね!今から楽しみです。

-名古屋, 生活

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.