昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アクション メガドライブ

DJボーイ アーケードからつまらないバカゲーを移植されても困るだけです

更新日:

メガドライブ版 DJボーイ

1990年5月19日にセガからDJボーイが発売されました。見た目は洋ゲーっぽいですが日本製の横スクロールアクションゲームです。

カネコがアーケードでリリースしたDJボーイをメガドラに移植した作品になります。アーケード版はデーモン小暮閣下が登場していましたが、メガドラ版では完全にカットされてしまいました。

強制横スクロールのアクションゲームで、主人公と敵キャラはみんなローラースケートを履いています。アメリカと言えばローラースケートですよね?という勘違いしたアメリカが舞台になっています。

操作感覚はちょっとクセがあるので慣れが必要になります。難易度はそれほど高くは無いのですが、やり込むほどおもしろいかと言えば、ちょっと首を傾げたくなるような内容ですね。

アーケード版からの劣化移植。つまらない作品がさらにつまらないものに・・・

アーケード版では可能だった2人同時プレイが、メガドラ版では削除されてしまいました。この手の横スクロールアクションゲームはファイナルファイトを真っ先に思い出しますが、2人同時プレイが醍醐味なんです!

2人同時プレイができれば接客ソフトとしても使えたと思いますし、何よりゲーム自体が楽しくなったと思うのですが、肝心の2人同時プレイがカットされてしまいました。残念ですね。

私はクリアするまでやり込みました。メガドラ初期はソフトの本数自体が少なかったので、やり込むしかなかったんですよね。もしソフトが十分に供給されている状態であれば、クリアするまでやり込むことは、まずなかったと思います。

純粋にやり込めるソフトが少なかったことを物語っていますね。メガドライバーは忍耐強い人が多いんです。

DJボーイ 動画紹介

ここではDJボーイ関連の動画をご紹介します。

メガドラ版 DJボーイ

グラフィックはまあまあだと思いますが、二人同時プレイができないのが辛いところです。

KANEKOはDJボーイの他にも「火激」というソフトをメガドラでリリースしていて、当時は個性の強いメーカーなんだなという印象を持っていました。

アーケード版 DJボーイ

オープニングの部分だけデーモン小暮閣下が出演しています。メガドラにはない演出です。二人同時プレイがどういうものかを体験してみたかったのですが、ゲームセンターは見かけることはありませんでしたね。

DJボーイを開発したカネコは、2000年以降に新作ゲームをリリースしていません。2000年4月に債権債務を整理したことで、ゲーム業界から撤退してしまいました。

ゲーム業界から撤退するまでは、エアロブラスターズやヘビーユニットなどをリリースしていましたが、どれも今ひとつの内容だったと思います。KANEKOの名作を知っている方がいれば、教えて欲しいです。

メガドラ版 パワーアスリート

カネコはストリートファイター2風の格闘ゲームをメガドラとスーファミでリリースしていました。私はこの動画を見て初めて知りました。

一人プレイのときは、主人公のジョーしか使うことができない極悪仕様だそうです。でも、逆にそれが興味を引きますね。

PCエンジン版 スーパースターソルジャー

実は、PCエンジンの名作シューティング「スーパースターソルジャー」を開発したのはハドソンではなくカネコだったんです!

タイトル画面に「KANEKO」の文字があるのは、そのためだったんですね。

カネコ名義でリリースしていれば名作を開発していたんだということが分かるのですが、発売元がハドソンなので、ハドソンが開発していると思っていました(汗)。

もしかしたら、気が付かないところでカネコの名作をプレイしているのかも知れませんね。

-アクション, メガドライブ

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.