昔のゲームが大好きなアラフォーおっちゃんのブログ

ホワイトナッツ

アドベンチャー セガサターン

MYST(ミスト) セガサターン初期の理不尽ミステリーアドベンチャーゲーム

更新日:

セガサターン版MYST

1994年11月22日、サンソフトから「MYST(ミスト)」がリリースされました。

ゲーム雑誌で見たときには、画面の美しさにおどろいた記憶があります。

メガドラは512色中64色しか使えなかったので全体的に画面が暗い印象があったのですが、セガサターンは同時発色数1677万色ですからね。次世代機のパワーを見せつけられました。

しかし、肝心のゲーム性は洋ゲーならではの理不尽仕様でした。

何をやって良いのか分からない・・・

タイトル画面からCGのクオリティーの高さに目を奪われましたが、ゲームをスタートした瞬間にちょっとした恐怖に襲われます。

無人島に立ち尽くした状態から始まるので、何をどうして良いのか全く分からないんです。

いつもは説明書を読むことはほとんどないのですが、MYSTに関しては最初から説明書を読むはめになってしまいました。

しかも、説明書を読んでも良く分からないんです(汗)。

手がかりとして、ゲームの中に出てくる日記をひたすら読むことになりますが、結構読みにくかったりするんです。

しかも、謎解き以外の部分でつまずくことも多く、理不尽極まりないシステムになっています。まさに洋ゲーと言った感じです。

日本製の親切なアドベンチャーゲームに慣れてしまっている私は、途中で投げ出してしまいました。自力でクリアするのは不可能でしたね。

途中で投げ出してから数年後、実家の近くにある古本屋のゲーム攻略コーナーで「MYST完全攻略ガイドブック」を偶然発見したことをきっかけに、ようやくクリアすることができました。

攻略本を見ずにMYSTをクリアできる人は天才だと思います。

MYST(ミスト) 動画紹介

ここではMYST(ミスト)の動画をご紹介します。

この動画ではメイキングです。タイトル画面で[A][L][R]ボタンを押しながらスタートボタンを押すことで見ることができるらしいです。私はこの動画ではじめて知りました(汗)。

アドベンチャーゲームがたまらないぐらい好きな人でも、MYSTをクリアするのは至難の業だと思います。

MYSTシリーズは5作目で完結しました。ノーヒントの激ムズアドベンチャーゲームとして、ファンから愛されていたんですね。

-アドベンチャー, セガサターン

Copyright© ホワイトナッツ , 2018 AllRights Reserved.